Tokyo Contemporary Art Award

TOP > 展覧会
2021-2023 2020-2022 2019-2021

Tokyo Contemporary Art Award
2021-2023 受賞記念展

2023年3月18日(土)~6月18日(日)
東京都現代美術館 企画展示室3F

中堅アーティストを対象に、受賞から複数年にわたる継続的支援によって、更なる飛躍を促すことを目的に、東京都とトーキョーアーツアンドスペースが2018年度から実施している現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award (TCAA)」。
第3回となる「TCAA2021-2023」受賞者の志賀理江子、竹内公太による受賞記念展を開催します。

展覧会概要
会期
2023年3月18日(土)- 6月18日(日)
休館日
月曜日
開館時間
10:00-18:00
会場
東京都現代美術館 企画展示室3F(東京都江東区三好4-1-1)
主催
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース・東京都現代美術館
入場料
無料

※予定は変更になる場合があります。

1980年愛知県生まれ、宮城県在住
人間社会と自然の関わり、死の想像力から生を思考すること、何代にも溯る記憶などを題材に制作を続ける。

「ヒューマン・スプリング」展示風景、東京都写真美術館、2019

《人間の春・カタトニア》2019、Cタイププリント「ヒューマン・スプリング」(東京都写真美術館、2019)

1982年兵庫県生まれ、福島県在住
パラレルな身体と憑依をテーマに、時間的・空間的隔たりを越えた活動を展開する。メディアと人間との関係を探りながら、作者自身と鑑賞者の疑似的な共有経験を提供する。

プロフィール、受賞理由等はこちら>>
インタビューはこちら>>

《文書1: 王冠と身体》2020、インスタレーション、紙にレーザープリント
Courtesy of SNOW Contemporary

《エビデンス》より「Aa」、2020、56枚の写真

TCAA2021-2023 概要

2020年6月に公募を行い、選考委員に公募者を含む候補アーティストの推薦を依頼、議論によりノミネートアーティストを選出。その後、各アーティストの事前調査、オンラインを活用したスタジオ訪問や面接など、対話による審査を経て、2名の受賞者を決定しました。

選考委員(敬称略) ※肩書きは選考当時のものです。
ソフィア・ヘルナンデス・チョン・クイ(クンストインスティテュート・メリー ディレクター)
住友文彦(アーツ前橋 館長/東京藝術大学大学院 准教授)
高橋瑞木(CHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile)エグゼクティブディレクター兼チーフキュレーター)
キャロル・インハ・ルー(北京中間美術館 ディレクター)
鷲田めるろ(十和田市現代美術館 館長)
近藤由紀(トーキョーアーツアンドスペース プログラムディレクター(公益財団法人東京都歴史文化財団東京都現代美術館トーキョーアーツアンドスペース事業課長)