Tokyo Contemporary Art Award 2021-2023

MENU
TOP > 選考委員

THE INTERNATIONAL SELECTION COMMITTEE

2021-2023 2020-2022 2019-2021

ソフィア・ヘルナンデス・チョン・クイ
(旧称 ヴィッテ・デ・ヴィット現代美術センター ディレクター)
※新施設名検討中

2018年から、ロッテルダムにあるヴィッテ・デ・ヴィット現代美術センター(旧称)のディレクター。2011年から2017年までカラカスとニューヨークを拠点とするColección Patricia Phelps de Cisnerosで現代美術のキュレーターを務める。
またメキシコシティのMuseo Tamayoのディレクター、ニューヨークのArt in General及びAmericas Societyでキュレーターを務めた経歴を持つ。さらにニューヨークのBronx Museum of the Arts、パリのKADIST Art Foundation、ブエノスアイレスのMALBA、リトアニアのContemporary Art Centreなどでゲストキュレーターとして展覧会を手掛ける。2013年には「第9回 Bienal do Mercosul」のアーティスティック・ディレクター兼チーフ・キュレーター、カッセルで開催された「ドクメンタ13」(2012年)のエージェントも務めた。

住友文彦
(アーツ前橋 館長/東京藝術大学大学院 准教授)

ICC/NTTインターコミュニケーションセンター、東京都現代美術館学芸員などを経て現職。2013年に開館したアーツ前橋においてコミュニティと関わる各種プログラムを企画してきたほか、「境界 高山明/小泉明郎」(銀座メゾンエルメスフォーラム、2015)、「あいちトリエンナーレ2013」、「メディアシティソウル2010」(ソウル市美術館ほか)、「川俣正[通路]」(東京都現代美術館、2008)などを手掛けてきた。共著に『キュレーターになる!』(フィルムアート社、2009)、『From Postwar to Postmodern, Art in Japan 1945-1989: Primary Documents』(Duke University Press、2012)など。

高橋瑞木
(CHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile) エグゼクティブディレクター兼チーフキュレーター)

森美術館開設準備室、水戸芸術館現代美術センターで学芸員を務め、2016年4月CHAT開設のため香港に移住。17年3月末から現職。
これまでの主な国内外の企画として、水戸芸術館現代美術センターでは「Beuys in Japan:ボイスがいた8日間」(2009)、「新次元 マンガ表現の現在」(2010)(空間構成:豊嶋秀樹)、「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」(2011)、「高嶺格のクールジャパン」(2012)、「拡張するファッション」(2014)、CHATでは、「(In)tangible Reminiscence」(2018)、「Unfolding : Fabric of Our Life」(2019)などの展覧会を手掛ける。 

キャロル・インハ・ルー
(北京インサイドアウト美術館 ディレクター)

現職のほか、メルボルン大学の博士課程で美術史を専攻。Friezeの寄稿編集者で美術評論も執筆。「第54回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」(2011)の金獅子賞審査員、「第16回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」(2018)のフィリピン・パビリオンの審査員、「ヒューゴ・ボス・アジア・アート 2019」、「ロレックス メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴ」の審査員。
「光州ビエンナーレ2012」の共同アートディレクター、「第7回深圳彫刻ビエンナーレ」(2012)の共同キュレーター、OCAT深圳館のアートディレクター兼主任キュレーター(2012-2015)も務める。テートリサーチセンター初のアジア太平洋課客員研究員(2013)で、美術史研究機関ARIAH の東アジア・フェローシップの初の授与者の一人でもある(2017)。リウ・ディンと共同で、中国コンテンポラリーアートの作品や文献に残る社会主義リアリズムの研究(「From the Issue of Art to the Issue of Position: Echoes of Socialist Realism」)を進めている。

撮影:小山田邦哉

鷲田めるろ
(十和田市現代美術館 館長)

金沢21世紀美術館キュレーター(1999-2018)を経て現職。「第57回ヴェネチア・ビエンナーレ」(2017)国際美術展日本館キュレーター、「あいちトリエンナーレ2019」キュレーター。
これまでの主な企画として、金沢21世紀美術館では「妹島和世+西沢立衛/SANAA」(2005)、「イェッペ・ハイン 360°」(2011)、「アペルト03 坂野充学 可視化する呼吸」(2016)、「金沢アートプラットホーム2008」など数多くの展覧会、プロジェクトを企画。

近藤由紀
(トーキョーアーツアンドスペース プログラム・ディレクター)

国際芸術センター青森(2001-2017)主任学芸員を経て現職。現在はトーキョーアーツアンドスペース プログラム・ディレクターとして、展覧会、レジデンス等、事業全体の企画・運営統括を行う。これまでアーティスト・イン・レジデンスの仕組みを用いた遠藤利克、中西信洋、O JUNなど国内アーティストの個展のほか、国内外アーティストによるAIRおよびグループ展や、AIRを通じた文化資源活用の取組みや地域プログラムなどを企画・運営してきた。